大洗22の宿物語取材:スタジオ デン
写真:新垣 宏久

ここで紹介する22の宿はそれぞれ『海』『食』『人』のいずれか、あるいはそのうちのふたつ、あるいは全部をその魅力として持ち合わせている。大洗は海の街だ。そこにある宿は、立地だけで海の魅力を伝えられる優位性がある。近くの漁港では近海で獲れた新鮮な魚介類が人々の胃袋におさまる瞬間を待ちわびている。それらを求めて多くの旅人が訪れる。迎える大洗の人たちは、当たり前のようにおもてなしの心を育くんでいく。そんな大洗の宿の魅力に触れるため、私たちはまた、大洗を訪れる。ごく自然に、海の近くで海風が香るように。

海で知る宿の魅力〜海風を感じながら

ロケーションが魅力の宿

小林楼

1階の客室は、別荘のようなプライベート&スペシャル感

海沿いの宿だけに、「全室オーシャンビュー」は言うまでもない。が、1階の客室に泊まったなら、期待以上の感動が得られるに違いない。開放感たっぷりの大きな窓、青々とした庭の芝生、そして寄せては返す波の音…。それら全てを独り占めしたこの空間は、まるで自分の別荘に来たかような気分が味わえる贅沢な部屋だ。家族連れなら、子どもが庭で遊ぶ姿を部屋の中から眺めているだけで、幸せを感じてしまいそうだ。

詳しく見る

大洗シーサイドホテル

差し込む朝日、昇る月。感動的な絶景をのぞむ大浴場

目の前の太平洋が一望できる、その名も大展望風呂。まぶしいほどに差し込む朝日と、煌々と輝く月を眺めながらの入浴。ただ眺めているだけなのに、自然の偉大さを改めて感じてしまう。そんな非日常を味わえるのも宿泊者だけの特権。この宿に来たなら、二度三度とお風呂を楽しもう。大洗磯前神社の湧水100%を使用したお湯に浸かれば、何かしらご利益もあるかも。

詳しく見る

食で知る宿の魅力〜大洗の海の幸に舌鼓

食が魅力の宿

割烹旅館 さかなや隠居

女性の心をグッとつかむ、センスのいい館内

創業100年、6代続く老舗の割烹旅館。現在の建物は平成元年に建てられたもので、当時としても他に類を見ない洒落たデザイン建築だったが、東日本大震災を機に改装。耐震性の強化に加え、より機能性とデザイン性を重視した和モダンな造りに生まれ変わった。客室から洗面所、壁紙にいたるまで、各部屋やフロアごとに様相を変えるため、歩くだけでも楽しい。「かみさんを連れて来たら...」喜ぶ笑顔が、すぐに浮かんだ。

詳しく見る

旅館 南荘

料理でおもてなし、フレンチ系創作料理の夕食に舌鼓

部屋が和室なので食事は当然和食がメインだろうと思っていたが、良い意味で裏切られた。並んだ料理はフレンチ系の創作料理。大洗らしく魚も出るがお造りではなくカルパッチョだった。ソースを手作りする本格的なもので、この日のメニューは『ツブ貝、ホタテ、有頭エビのオードブル』『豚肉と牛肉のスモーク焼き赤ワインソース』『メカジキの焼き物甘酢あんかけ』など華やかなものばかり。これらの凝った料理を割り箸で食べる気取らない感じが良い。

詳しく見る

人で知る宿の魅力〜大洗のおもてなしの心

人が魅力の宿

とびた荘

ビンテージアメリカンなムード満点のログハウス風レストラン

入った瞬間に思わす「わぁっ」と声が出てしまうレストラン。太く大きな梁が巡る高い天井を見上げると、大きな窓から明るい日差しが差し込みキラキラと輝いている。日が暮れると薪ストーブの炎がアメリカの古き良き時代のような雰囲気を演出。

詳しく見る

入船旅館

「水族館まで徒歩3分、マリンレジャーの拠点に」

日本有数の水族館のひとつに数えられる『アクアワールド大洗』まで徒歩3分。電車やバスで大洗を訪れる者にとって、この距離はありがたい。家族や恋人同士で気兼ねなく使いたい宿だ。大洗はサーフィンなどのマリンスポーツや釣りのメッカとして知られている。太平洋へ注ぎ込む那珂川の河口部分が目の前というこの立地が、自然に気分を盛り上げてくれる。ちなみにサーフィンのポイントが目の前にあり、隣りには頼りになるサーフショップもある。

詳しく見る