大洗22の宿物語取材:スタジオ デン
写真:新垣 宏久

ここで紹介する22の宿はそれぞれ『海』『食』『人』のいずれか、あるいはそのうちのふたつ、あるいは全部をその魅力として持ち合わせている。大洗は海の街だ。そこにある宿は、立地だけで海の魅力を伝えられる優位性がある。近くの漁港では近海で獲れた新鮮な魚介類が人々の胃袋におさまる瞬間を待ちわびている。それらを求めて多くの旅人が訪れる。迎える大洗の人たちは、当たり前のようにおもてなしの心を育くんでいく。そんな大洗の宿の魅力に触れるため、私たちはまた、大洗を訪れる。ごく自然に、海の近くで海風が香るように。

海で知る宿の魅力〜海風を感じながら

ロケーションが魅力の宿

小林楼

1階の客室は、別荘のようなプライベート&スペシャル感

海沿いの宿だけに、「全室オーシャンビュー」は言うまでもない。が、1階の客室に泊まったなら、期待以上の感動が得られるに違いない。開放感たっぷりの大きな窓、青々とした庭の芝生、そして寄せては返す波の音…。それら全てを独り占めしたこの空間は、まるで自分の別荘に来たかような気分が味わえる贅沢な部屋だ。家族連れなら、子どもが庭で遊ぶ姿を部屋の中から眺めているだけで、幸せを感じてしまいそうだ。

詳しく見る

オーシャンビュー大洗

展望大浴場で高台から望む太平洋の景色を堪能

ゆったりと温泉につかりながら、高台から見下ろすように広がる太平洋の展望。この景色を見られただけでも来た甲斐があるというものだ。見る角度の関係なのか海がキラキラしていて本当にきれいだ。大洗は海沿いに宿が多いが、高台にある宿は少ない。その点だけでも、ここのホテルには大きなアドバンテージがある。塔のようにそびえ立つ大洗マリンタワーが見えるが、運が良ければその隣りあたりに富士山も見えるとか。同じフロアーに溶岩石岩盤浴もある。

詳しく見る

食で知る宿の魅力〜大洗の海の幸に舌鼓

食が魅力の宿

旅館 南荘

料理でおもてなし、フレンチ系創作料理の夕食に舌鼓

部屋が和室なので食事は当然和食がメインだろうと思っていたが、良い意味で裏切られた。並んだ料理はフレンチ系の創作料理。大洗らしく魚も出るがお造りではなくカルパッチョだった。ソースを手作りする本格的なもので、この日のメニューは『ツブ貝、ホタテ、有頭エビのオードブル』『豚肉と牛肉のスモーク焼き赤ワインソース』『メカジキの焼き物甘酢あんかけ』など華やかなものばかり。これらの凝った料理を割り箸で食べる気取らない感じが良い。

詳しく見る

日野治旅館

魚好きにおすすめの料理自慢の宿

宿の1階で御食事処を営業しているほか、近くのアウトレットモールや水族館で別の飲食店を展開するなど、料理に自信を持っている宿。季節ごとに旬の味を楽しめる磯料理が一番のおすすめで、春のイワシ、ハマグリ、生シラス、夏の岩牡蠣、秋と冬のアンコウなど、春夏秋冬それぞれにおいしい魚介類を提供してくれる。宿の御食事処は宿泊せずにふらりと立ち寄っても大丈夫。店内は洗練されたシックな佇まいで小上がりもある。海鮮丼が一番人気。

詳しく見る

人で知る宿の魅力〜大洗のおもてなしの心

人が魅力の宿

とびた荘

ビンテージアメリカンなムード満点のログハウス風レストラン

入った瞬間に思わす「わぁっ」と声が出てしまうレストラン。太く大きな梁が巡る高い天井を見上げると、大きな窓から明るい日差しが差し込みキラキラと輝いている。日が暮れると薪ストーブの炎がアメリカの古き良き時代のような雰囲気を演出。

詳しく見る

さわや

財布に優しい料金設定で、思わず連泊したくなる

海やレジャー施設のすぐそばという立地ながら、素泊まり4,000円~とリーズナブル。一瞬不安がよぎったが、もとはビジネス旅館だったと聞いて納得。昔も今も、宿泊客になるべく負担のないようにという心遣いがありがたい。でもこの宿に来たら、ぜひとも朝食(+800円)は食べて帰りたい。焼き魚にハムエッグ、味噌汁、ごはんなど、これぞ「日本の朝ごはん」といたラインナップで、二日酔いの胃袋にも染み渡る美味さ。もう一泊してしまおうか…そんな考えさえよぎってしまう。

詳しく見る